線香

60~70代の葬儀で家族葬が選ばれる傾向がある

礼服

群馬では、60~70代の方の葬儀を行うときは、家族葬が人気です。故人の年齢が60~70代の場合に、遺族が家族葬を選択しています。60~70代の方は活動的な年代で、ご近所付き合いや仕事での付き合いが多くなります。そのため、参列者の人数が多くなってきます。家族葬は、お通夜と告別式を行います。家族や親戚、また故人の方とゆかりのあった方々が集まって最期の時間を過ごすことができます。
2日間で通夜と告別式がありますが、両方に出席するのは家族や親族が多くなります。参列者はどちらかに出席します。仕事で告別式に参列するのが難しい方は通夜に出席する方が多くなります。
家族葬は、家族が中心のシンプルな葬儀を行います。通夜式が終わって告別式までの間は、葬儀場に家族が宿泊できる部屋が用意しているところがたくさんあります。群馬の斎場は宿泊設備が整っているところが多いので、安心して家族水入らずの時間を過ごすことができます。
葬儀業者に依頼すると、宿泊が可能になります。布団や小さな炊事場があります。故人の方が一人になってさみしくないように、祭壇のそばに部屋が設けられています。群馬では、家族のきずなを大切にした葬儀が実現します。

recent information

墓前に花

葬儀業者への依頼は地元で実績のある業者を選ぼう

身内の方が亡くなられたときに喪主となられる方が真っ先に決断を迫られるのが葬儀業者選びとなります。この団取りに手間取…

もっと読む
手を合わせるおばあちゃん

葬儀業者選びは見積もりや担当者の人柄などを参考に

世の中にはさまざまなことを生業としている業者が存在していますが、そのなかには葬儀業者も当然のことながら含まれていま…

もっと読む
TOP